コーヒーと薄毛の関係

ども、「袋小路ざびえる」です。

世の中の薄毛と格闘している僕達中年世代のほとんどはコーヒーを愛飲しています。

ここにきて「コーヒーと薄毛の関係」などという話題を出すだけでドキッとしてしまうかもしれませんが、あえて正しい認識を持つためにもこのテーマで行きましょう。

ダメかダメじゃないのか?はっきりしてほしい

ちょっと困るのは専門家で意見が割れる時です。悩みを抱える側にとっては、問題を解決するためにいろいろと調べて試してみたいと思うのでそれなりに知識は増えていくのですが…だからと言って専門家のように科学的な見地から立証したりする日は永遠に訪れないのです。

だから、権威のある人の話を聞いて、実際に試してみて、ダメだったら「ダメか」とあきらめて他の方法に着手する日々なのです。

今回は「コーヒーと薄毛の関係」について

毎日の習慣を見直せば、劇的な変化は期待できなくても「気付いたら…」という感覚で薄毛が解消される日が来るかもしれません。僕の場合は高校生の時に缶コーヒーを飲み始めて、以来コーヒーフリークになっています。

1日の飲む量は一定していないけど、多い日は行く先々で飲む上に、自分の仕事場でも飲むので相当な量になります。

少し前に、「コーヒーと薄毛の関係」みたいなことを真剣に考えている専門家がいたので、今回はコーヒーとわたしの薄毛の悩みの関係について考えてみました。

とは言っても、仮に「髪の毛のためにいますぐコーヒーをやめなさい!」というアドバイスが正しいように思えても、それなら僕は薄毛に甘んじるかもしれませんが。

カフェイン=頭皮に悪いというわけではない

いきなり反論から入るのはよくないかもしれないけど、コーヒーの産地の国で生きている男性陣の髪の毛を見ると、はっきり言って剛毛というか、ワッサワサになっているから、むしろコーヒーは髪の毛にいいんじゃないか?と思ってしまうのは、多分僕がコーヒー党だからでしょうか。

まあ、普通に考えてみると、コーヒーの消費量が多い国々は日本を含めていわゆる先進国、そこには髪の毛が薄い人たちがあふれかえっています。

でもいろいろ調べていくと、コーヒー自体が抜け毛に何らかの影響を及ぼすというよりは、コーヒーを大量に飲むことによって発生する影響によって抜け毛が促進されることがあるという話なのです。

てっきり、カフェインは頭皮の敵!みたいな証明なのかと思い、少しホッとしました。

カフェインの及ぼす間接的な影響とは?

じゃあどうしてコーヒーを飲むことが髪の毛にマイナスな影響を与えるかということになると、間接的な影響として睡眠が阻害されるということが挙げられます。

コーヒーに含まれているカフェインには覚せい作用があり、就寝前の時間に飲むことで寝つきが悪くなり、睡眠不足の状態が続くことで頭皮にはよくない影響が及ぶということです。

僕たちが気づいていないだけで、睡眠の質がカフェインによって低下させられていると、寝ている間に分泌される成長ホルモンが出にくくなって、毛髪の正常な成長が滞ってしまうのです。そうであれば、コーヒー自体を見直すというよりも、コーヒーを飲む時間を考えたりすればいいだけの話です。

ただ厳密に言うと、カフェインを摂りすぎるとアデノシンという毛母細胞に働きかけて髪の毛の成長を促してくれる物質の分泌が少なくなるようなので、少しは毎日のコーヒーの量にも注意したほうがいいのかもしれません。

血行促進するならいいんじゃないの?

ふと思いついたのだが、カフェインには血行を促進する効果があったのではないだろうか。
「カフェインを飲んで毛細血管を拡張して…」なんて言っていると、どこかの会社のスプレーの宣伝みたいになってしまいます。

でもカフェインがたしかに毛細血管を拡張して血行を促進していくなら、髪の毛もその分だけ上手に成長してくれるのではないでしょうか。

また最新のAGA治療の観点からの報告では、コーヒーを飲むことで利尿作用を促進し、AGAの原因となる物質を尿によって外に流してくれるという作用があるので、これもカフェイン様の働きによるものと言えます。

これからも飲み続けて大丈夫!

ここからはちょっと無理矢理になるかもしれませんが、全国の薄毛に悩むお父さんたちのほとんどがコーヒーをこよなく愛していると思いますし、僕も同じです。

コーヒーが髪にいい!と信じたい気持ち、信ずることでコーヒーが髪の薬になるという奇跡を信じましょう!

なんと言っても髪の毛の抜けてしまう原因として自分で防げるのがストレス回避です。だとしたら、コーヒーが放つアロマによって心身ともに癒されることでストレスを撃退できるなら、きっと毛髪にも良い影響を与えてくれるに違いありません。

こんな流れですと、まるで本当に髪の毛にいいのか?という検証よりも、コーヒーは薄毛の原因じゃない!これからも飲み続けて全然大丈夫!という理由づけのようになってしまいます。

なんでもそうですが、適度にたしなむことによって良い効果を期待できるのではないでしょうか。

まとめ

コーヒー自体が髪の毛に直接何か強い作用を及ぼすわけではありません。

悪い影響も良い影響も過大に考えるべきではありません。

適度に楽しむことによって健やかな毎日を送ることが何よりの対策かもしれません。それほど神経質にならずに美味しいコーヒーを楽しんでいきましょう。