※特集!【スカった】踏ん張る!副作用なし最強ハゲ克服セット


薄毛でも似合うヘアスタイル

ども、「袋小路ざびえる」です。

タイトルの通り、育毛開始から今日で350日目です。ちょっと前になりますが339日目に美容室に行きました。薄毛でも似合うようにかなりソフト目なモヒカンにカットしてもらいました。薄毛でヘアスタイルが決まらずのお悩みのあなたの参考になればうれしいです。

薄毛に似合う髪型についてはこちらの記事「モヒカン?短髪?パーマ?坊主?薄毛でも似合うはげの目立たない髪型って?」でいろいろと紹介していますので、薄毛に似合うヘアスタイルを探しているなら一度見てみてください。

薄毛でも似合うヘアスタイルにカットしてもらった結果を見てもらうんですが、その前に「袋小路ざびえる」の育毛活動の経過を振り返っていく事にします。少々お付き合いください。

「袋小路ざびえる」育毛日記経過

育毛活動開始当時

▼ 頭頂部とM字部分が同時進行で禿げてきていました。M字部分は毎日鏡で見ているので覚悟はできていたんですが、頭頂部をスマホで撮ったこの写真はショックでした。あなたも、見て見ぬふりをしないで、一度携帯のカメラで頭の上の方から写真を撮ってみてください。そして、現状を知りましょう(笑)

育毛開始当時の写真1

▼ ずっと髪の毛を分けていると分け目から薄くなってくるのは本当ですね。定期的に分け目を左右入れ替えたりするのも有効なんでしょうか。

育毛開始当時の写真2

▼ 上の頭を丸坊主にすると下のようになります。ハゲ散らかしてくる前に丸坊主にする方が見苦しくない、と思えると思います。いかがでしょうか。

育毛開始当時の写真3

は抜け毛が減る【育毛1ヶ月目~3ヶ月目】

僕が本格的に育毛活動を開始したのは2014年3月。春は抜け毛が減り、髪の毛が成長する季節になります。育毛活動の開始と髪の毛の成長する時期が重なって、育毛の効果を感じて明るい未来を夢見ることができている時期でした。

はダメージが表面化しない【育毛4ヶ月目~6ヶ月目】

例えば、紫外線に当たる・冷たいものを飲み過ぎる・冷房に当たりすぎる、などの頭皮や髪の毛へのダメージは、案外その夏の間には表面化せず、気にならないのです。太陽のもと、ビールを飲みながら、夜は冷房をかけながら寝る、といった生活は夏だからこそ楽しめるものでついつい度を越してしまいがちです。

しかし、髪の毛へのそういったダメージはまとめて秋に表面化します(爆)

は抜け毛のシーズン【育毛7ヶ月目~9ヶ月目】

その夏のダメージが一気に表面化するのは秋です。どちらかと言うと後半からでしょうか。昨年の秋は抜け毛の期間が長く、僕の場合は12月に入ることまで抜け毛がひどかったように感じています。1日70本から100本くらいの抜け毛は正常値なんですが、当時は毎日200本から300本は抜けていました。

その結果、半年以上の育毛活動の成果は元の木阿弥、という結果でした。

これに関しては、夏のヘアケアの大事さが身にしみますね。ヘアケアだけでなく、体全体のケアが大事ですね。「冷たいものを飲み過ぎない」とか「紫外線を髪の毛に浴びすぎない」とか「冷房に当たりすぎない」など、夏バテしない体づくりが必要です。

から春は育毛効果が最大限に感じられるシーズン【育毛10ヶ月目~12ヶ月目】

秋の脱毛期が過ぎると、抜け毛も減り、育毛活動には持ってこいの時期になります。この時期に、間違いのない育毛方法で地道に育毛活動をやって行きたいものです。

「間違いのない育毛活動」や「安全な育毛方法」については僕の中である程度まとまってきているので、今後このブログで紹介していきます。現在、結果の出ている事を書いていくのでお楽しみに!

育毛338日目の写真

▼ 育毛339日目に美容室でカットしてもらう前日の写真です。ボサボサですが、それなりに育毛の結果は出ていると感じています。ミノキシジルとプロペシア、いわゆるミノフィナなしでの育毛活動にしては優秀な方ではないかと思っています(笑)

育毛338日目

そして、育毛活動開始から1年弱。40代、薄毛が気になる男「袋小路ざびえる」がおしゃれな美容室で薄毛でも似合うヘアスタイルにカットしてもらった結果を見てただきましょう。

薄毛でも似合うヘアスタイルにカットしてもらった結果

今回も前回の「袋小路ざびえる」風ソフトモヒカンスタイルをカットしてもらった美容師さんと同じ方にカットしてもらいました。

▼ サロン名は「Traumerei平田本店」です。

Traumerei平田本店

前回は支店の「Traumerei Licht」でカットしてもらいましたが、どちらも「甲 かおり」さんにカットしてもらっています。

今回は、前回の「袋小路ざびえる」風ソフトモヒカンスタイルよりも「少し短めにしたほうがもっとセットの時に真ん中を立たせやすいですよ。」ということでそのようにカットしてもらいました。

▼ 正面から

正面

▼ 横から

サイド

▼ 後ろから

バック

まとめ

いかがだったでしょうか。

「袋小路ざびえる」の持論としては、

髪の毛が薄くなればなるほど短くカットしたほうが見苦しくない

です。往生際の悪いヘアスタイルは惨めになるだけです。あと、やっぱり上手なところでやってもらったほうがいいですね。薄毛が気になっているとなかなか美容室に行く勇気が湧いてきませんが、上手なところでカットしてもらうと、薄毛を最大限にカバーしてくれるのでおすすめです。

ちょっと勇気を出して、ちゃんとしたところに行きましょう(笑)


他の育毛法も見てみる