キャピキシル配合育毛剤ランキング

  • キャピキシル配合のおすすめ育毛剤
  • キャピキシル以外にも最先端や注目の育毛成分が配合されている
  • 国産でキャピキシルの配合量が明記されている
  • 副作用がなく安全で安心して使える
  • 返金保証があるので自分の頭皮に合うかお試しで確認しやすい



この記事を読むことで、上記の条件を満たす育毛剤の違いとランキングが分かります。キャピキシル配合の育毛剤は決して安くはありませんが、本気で育毛に取り組む人におすすめの育毛剤です。

キャピキシル配合育毛剤ランキング

  1. FINJIA(フィンジア)

    フィンジア

    コスパ 3.0
    使用感 4.5
    サポート 4.0
    効果 5.0
    1本定価:
    12,800円(税込)
    定期特価:
    9,980円(税込)
    容量:
    50ml

    キャピキシル5%+ピディオキシジル2%+カプサイシン

    キャピキシル配合育毛剤の最新版がフィンジアです。

    国内産のキャピキシル配合育毛剤ではコスパも優秀です。

    使い勝手のいいスプレー式のボトルもポイントです。M字用育毛剤のプランテルが開発したキャピキシル配合育毛剤は生産が追いつかないほどの人気になっているようです。

  2. 14

  3. BOSTON scalp essence(ボストン スカルプエッセンス)

    ボストンスカルプエッセンス

    コスパ 2.5
    使用感 4.0
    サポート 4.0
    効果 5.0
    1本定価:
    15,984円(税込)
    定期特価:
    13,824円(税込)
    容量:
    60ml

    キャピキシル5%+ピディオキシジル2%+フラーレン+活性因子

    育毛サプリで有名なBOSTONが満を持して発表した育毛剤が、このキャピキシル配合のボストンスカルプエッセンス育毛剤です。

    もちろん国内産で、キャピキシル濃度も最高レベルの5%配合です。

    成分については申し分ないのは当たり前ですが、特筆すべきは、「180日間」もある返金保証期間の長さです。よほどの自信がないと設定はできません。

  4. 14

  5. モンゴ流Deeper(ディーパー)3D

    Deeper3D

    コスパ 2.5
    使用感 3.5
    サポート 4.0
    効果 5.0
    1本定価:
    14,850円(税込)
    定期特価:
    13,860円(税込)
    容量:
    60ml

    「キャピキシル」×「リデンシル」×「黒ショウガエキス」×「8種類の成長因子」最先端の育毛剤

    「キャピキシル」配合の育毛剤としては草分け的存在。薬物系以外では最強とされたDeeper3Dを追いかけるように、その後、「キャピキシル」配合の育毛剤が各社から販売されました。

    最先端の「成長因子」は再生医療が確率されるまでのつなぎ役として、育毛・発毛分野で注目されています。モンゴロイドにはハゲがいない?という観点から、モンゴロイドが生活の中で常用していた成分を配合している点にも注目。

  6. 14

  7. THE SCALP(ザ スカルプ)5.0C

    ザ・スカルプ5.0C

    コスパ 3.0
    使用感 40
    サポート 4.0
    効果 3.5
    1本定価:
    15,000円(税込)
    定期特価:
    10,000円(税込・初回限定4,980円)
    容量:
    80ml

    キャピキシル5%+発酵プラセンタエキス

    使いやすさを追求したキャピキシル配合育毛剤です。

    キャピキシル配合の育毛剤は塗布すると毛髪がゴワゴワになっリ、朝のヘアスタイリングに影響を与えるものが多いです。しかし、ザ・スカルプ5.0Cは使用感はサラサラで、朝のお出かけ前にも使えます。

    キャピキシル以外でも「GF」と呼ばれる良質なタンパク質をふんだんに使い、頭皮の健康をサポートします。定期便は使い続ければ割引率が増していくので長くじっくり使っていきたい育毛剤です。

  8. 14

  9. Bontress(ボントレス)ローション

    ボントレスローション

    コスパ 5.0
    使用感 2.0
    サポート 2.0
    効果 2.0
    1本定価:
    5,032円(税込)
    定期特価:
    なし
    容量:
    60ml

    コスパ最強のキャピキシル配合育毛剤

    外国産の育毛剤です。日本製の通販で購入するタイプの育毛剤のように記載もはっきりしていませんし、サポートもどこまでしてくれるのかは不明です。最近の育毛剤では無添加とされることの多いパラベンや、調べてみるとちょっと使うのをためらってしまうような成分が使われているようです。

    キャピキシル入りの育毛剤をどうしても使いたいけど、高くて手が出ない、安ければとりあえずはOK、という人なら購入も検討してもいいかも知れません。

キャピキシル配合育毛剤(フィンジア・ボストンスカルプエッセンス・ザ・スカルプ5.0c・ディーパー3D・ボントレスローション)比較

まずは、「キャピキシル」配合の育毛剤、それ以外はどこが違うのか、どこが同じなのか徹底的に比較していきます。

成分で比較

フィンジア ボストンスカルプエッセンス ザ・スカルプ5.0c ディーパー3D ボントレスローション
キャピキシル配合量 5% 5% 5% 5% 5%
ピディオキシジル配合量 2% 1.5% × × ×
カプサイシン × × ×
成長因子 × × 発酵プラセンタエキス・オクタペプチド-2・オリコペプチド-41 ヒトオリゴペプチド-5・合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31・プラセンタエキス・オクタペプチド-2・アセチルデカペプチド-3・ヒトオリゴペプチド-13・加水分解アナツバメ巣エキス・水溶性プロテオグリカン ×
フラーレン × × × ×
センブリエキス × × ×
グリチルリチン酸2K ×
ジフェンヒドラミンHC × × × × ×
ビワ葉エキス × × ×
海藻エキス × × ×
特記事項なし 特記事項なし ミスティーウォーター 海洋深層水 特記事項なし
エタノール 特記事項なし 特記事項なし ローエタノール 特記事項なし 特記事項なし
その他の育毛に役立つ成分 パンテノール・ボタンエキス・フユボダイジュ花エキス・ヒオウギエキス・キハダ樹皮エキス・ヒキオコシエキス ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1・アマモエキス・カミツレ花エキス・アカツメクサ花エキス・モウソウチクたけのこ皮エキス・カミツレ花エキス・アピゲニオン・オレアノール酸・カンフル・グリセリン・ダイズ油・ラベンダー油・クエン酸Na フムスエキス・カミツレ花エキス・オタネニンジン根エキス・クエン酸Na・ サンショウ果実エキス・プルサチラコレアナエキス・ウスニアバルバタエキス・ダイズ種子エキス・アロエベラ葉エキス・カンゾウ根エキス・イノシトール・アルニカ花エキス・オドリコソウ花/葉/茎エキス・オランダガラシ花/葉/茎エキス・ゴボウ根エキス・セイヨウキズタ葉/茎エキス・ニンニク根エキス・セイヨウアカマツ球果エキス・ローズマリー葉エキス・ローマカミレツ花エキス・アラントイン・黒砂糖・酵母発酵エキス・セリン・グリシン・アラニン・トレオニン・プロリン・アルギニン ビオチン・パンテニルエチル・イラクサ根/葉エキス・ユッカグラウカ根エキス・ウミクロウメモドキ油(シーバックソーン/サジー)・グアバ葉エキス(バンジロウ葉エキス)・ソウハクヒエキス・ゲンチアナ根茎/根エキス・ユズ果皮油・アボガド油脂肪酸ブチル(5αアボキュータ)・リンゴ果実培養細胞エキス(PCTりんごエキス、りんご幹細胞)・グルコン酸亜鉛・ヒアルロン酸Na・シアノコバラミン(ビタミンB12)・ニコチン酸トコフェロール・ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド )・グルコシルヘスペリジン・プテロカルプスマルスピウム樹皮エキス(トリコラシルLS9267)・グルタミン酸 クエン酸
無添加・不使用 パラベン・鉱物油・合成着色料・香料 特記事項なし 香料・石油系界面活性剤・着色料・パラベン・鉱物油・シリコン・紫外線吸収剤・酸化防止剤 特記事項なし 特記事項なし

日本国内産の「フィンジア」「ボストンスカルプエッセンス」「ザ・スカルプ5.0C」「ディーパー3D」の4つはどれも一定のレベルの効果を期待できる成分内容となっています。キャピキシルも5%配合です。

「ボントレスローション」は、キャピキシルは配合されているようですが、配合量についての記載はありません。キャピキシルの配合量がメーカー推奨の3~5%配合されていることが認められている商品にのみ与えられるエンブレムがあるのですが、その表示もないので、キャピキシルの配合量では他の4つの育毛剤よりも多いことは考えにくいでしょう。5%配合されているようです。しかし、公認のエンブレムの表示は確認できていません。

「ボントレスローション」は、メーカーがSPB Pharmaで製造国はインド、出荷国は香港です。

水に関しては「ザ・スカルプ5.0C」と「Deeper3D」がこだわりを見せていますが、国内産の4つに関しては安全性にも問題はないでしょう。

「ボントレスローション」の成分ですが、主要成分の他は、箱に成分表が書かれているようですが、内容は【Other Ingredient:・Methyl Glyceth-20 ・Hydroxy Ethyl Cellulose ・Glycerin ・Propylene Glycol ・Isopropyl Alcohol ・Polyquaternium 7 ・Citric Acid ・Imidazolidinyl Urea ・Methyl Paraben ・Propyl Paraben】となっているようです。

Google翻訳で訳すと、【その他の成分:・メチルメチルグルセス-20・ヒドロキシエチルセルロースグリセリンプロピレングリコールイソプロピルアルコールポリクオタニウム7イミダゾリジニル尿素メチルパラベンプロピルパラベン】となっています。

ここでは詳しく説明しませんが、Wikipediaなどにリンクしていますので気になった方は確認してみてください。まあ、あまり使いたくはなくなりますよね。

国産の4つキャピキシル配合の育毛剤の成分では、フィンジアは成分数は1番少なめですが、効果的に量より質を重視した成分表になっています。ボストンスカルプエッセンスはフラーレンという成分が特徴的です。発見者がノーベル賞を受賞しているという成分ですが、ビタミンCの172倍といわれる抗酸化力が特徴のようです。

Deeper3Dの特徴は成長因子を多く取り入れている点ですが、ザ・スカルプ5.0Cも少ないですが成長因子を配合しています。ボントレスローションは、キャピキシル以外はアルコールと防腐剤だけ?という印象すら受けますね。使うのは躊躇しますし、おすすめしません。

価格などで比較

フィンジア ボストンスカルプエッセンス ザ・スカルプ5.0c ディーパー3D ボントレスローション
定価(税込) 12,800円 15,984円 15,000円 14,590円 5,164円
お試し1本購入(税込) 12,800円+送料640円 15,984円 15,000円+送料540円+代引き手数料324円 13,860円 5,164円
定期便1本価格(税込) 9,980円 13,824円 10,000円(今なら初回半額キャンペーン中4,980円) 13,130円(継続すると割引が増える) なし
最安値(税込) 9,980円※定期便購入 8,028円※3本お届け特別定期コース 10,000円(初回4,980円)※定期便購入 10211.7円※6本セット購入 3,830円※3箱購入
使用目安 30日 30日 30日 30日 30日
用量 50ml 60ml 80ml 60ml 60ml
ボトルタイプ ミストスプレー式 スポイト式 とんがりキャップタイプ スポイトタイプ スポイト式
1ヶ月のコスト 9,980円 8,928円 10,000円 10211.7円 3,830円
定期解約の縛り 1回 1回 2回 3回 なし
返金保証 30日 180日 60日 14日 なし

価格的には、キャピキシル配合の育毛剤は高いですね。1回に数万円単位で買い物ができる方は、複数本のまとめ買いをするとかなり安く購入できます。ボントレスはドル換算なので変更があるかもしれません。僕はオオサカ堂で買い物をしたことはありません。

定期便やまとめ買いをうまく使えば国産のもので10,000円/月ほどで購入できます。本気で安全な育毛活動をしたい方にはいいと思います。

注意したいのは、定期便の解約に対する縛りの回数です。1回のものは、初回の購入のあとに解約できますが、3回の場合には、3回目の定期便までは購入する必要があります。

返金保証ではディーパー3Dは14日間だけですから、プレゼントのミニボトルを使ってみて、肌に合うか合わないかを確認する期間、程度に考えておいたほうがいいですね。

使い心地で比較

フィンジア
キャピキシル配合の育毛剤では異色のスプレータイプ。ボトルも持ちやすく、使いやすい。ローションはキャピキシル配合の育毛剤では、かなりサラサラしている方です。匂いや色も気になるようなレベルではありません。
ボストンスカルプエッセンス
ディーパー3Dほどのネバつき、ばさ付きはありません。スポイトタイプの育毛剤は慣れるまでに時間がかかりますが、意外と早く慣れます。匂いも色も嫌なものではありません。
ザ・スカルプ5.0C
ローションの出にくさが気になるところですが、振りながらつかば問題なさそうです。匂いも気にならなくて、無色でサラサラです。
ディーパー3D
スポイト式のボトルですが、慣れれば使いにくいことはありません。色は赤く、おでこにつくと目立ちますが、すぐになくなります。白い布についてもあとは残りません。ゴワつきがあるので、朝のヘアセットには使いにくいかもしれません。短髪の方ならちょっとしたスタイリング剤になっていいかもしれませんが。
ボントレスローション
レビューから「ローションは割りと粘度があります。サラサラしていないので、塗布部に長い時間とどまってくれます。色は無色。塗ったときに特にヒリヒリしたりすることはありません。」「使用感としてはべとべとした粘液を頭につけているだけ」

総評

いかがだったでしょうか。国内産のキャピキシル配合の育毛剤は、それぞれ多少の違いはありますが、どれも信頼のおける一定のレベルに達したものと言えるでしょう。

ディーパー3Dは本来ならトップ3に入る実力ですが、今は、ザ・スカルプ5.0Cが初回半額キャンペーン中ということもあり、定期便でコスパに優れているザ・スカルプ5.0Cを3位としました。2016年5月20日にディーパー3Dはリニューアルし、新たな成分を増やし進化しました。ザ・スカルプ5.0Cのキャンペーンを上回る効果の向上を考慮し、ディーパー3Dを4位から3位に順位アップしました。

なので、トップ4位までは大差はないと考えていただいて結構です。トップ3が頭ひとつ抜け出ている感じです。

コスト面で、無理をせずに長く使える範囲で買う育毛剤は選んでくださいね。

おさらい

  1. FINJIA(フィンジア)

  2. BOSTON scalp essence(ボストン スカルプエッセンス)

  3. モンゴ流Deeper(ディーパー)3D

  4. THE SCALP(ザ スカルプ)5.0C

  5. Bontress(ボントレス)ローション