育毛サプリボストン

なぜ、飲む育毛剤ではなく育毛サプリを選んだか

ども、「袋小路ざびえる」です。僕は、副作用が心配で「飲む育毛剤」系は手を出していません。現在バツイチ独身ですが、再婚だって考えるし、子孫繁栄だって希望としてまだあります。

それに、副作用を警戒する気持ちもあります。

飲む育毛剤の副作用

例えば、「フィナステリド(プロペシア)」の副作用として

・・・万有製薬(現:MSD)はプロペシア錠を飲むことによって、頻度不明ながら、肝機能障害が起こり得ると重大な副作用を追加した(2007年9月)・・・

引用元:Wikipediaファナステリド

持病があり、そのために薬を飲んでいる僕にとって肝機能障害は非常に恐ろしいことです。

他にも、飲む育毛剤や医薬品の育毛剤での重篤な副作用の報告などもあります。

僕は、結婚時代に不妊治療の時に僕の精子の活動不足から量も少なくなり(この時は、仕事や不妊治療のプレッシャーによるストレスなどが原因)、子供が出来なかった経験を持っています。

「プロペシア」の副作用として「性欲減退」「勃起力の低下」などの報告もあるようですが、仮に勃起力が低下するだけならまだしも、「精子の減少」という結果になるのは避けたいです。

「薬」ではなく「サプリメント」なので安心

そのため、健康食品でもある、育毛サプリを使って育毛にチャレンジしているところです。

とは、言いつつも、育毛を本格的に実践していくにあたって、飲む育毛剤なしで考えた場合に、重要度としては

  • 1位:育毛剤
  • 2位:育毛シャンプー
  • 3位:育毛サプリ

といった重要度の認識でした。

ところが、どんなに育毛剤を振り掛けようが、高いシャンプーで洗おうが、髪の毛が育つための栄養素が足りないと髪は健康に育たないということがわかってきました。

なので、今は

  • 1位:育毛剤
  • 1位:育毛シャンプー
  • 1位:育毛サプリ

といった重要度の順番です(笑)

育毛は田んぼや畑のようなもので、いくら作物を作付しようが土壌に栄養がなければ収穫したものにも栄養がない、ということになってしまいます。

なので、しっかりカラダの内側から栄養を補ってあげようと思っています。

かなり前置きが長くなりましたが、今回レビューしている育毛サプリ『BOSTON』ですが、「医薬品」ではなく「サプリメント」ですから、「プロペシア」+「ミノキシジル」のような即性とパワフルさを魅せつけるような育毛&発毛は望めません。

飲む育毛剤を使った育毛が3ヶ月で劇的な変化があったとしたら、倍の6ヶ月間はじっくり育毛に取り組むつもりでいたほうがいいでしょう。

『BOSTON』を飲んでみて初日、2日目

まだ、『BOSTON』を飲み続けてみた結果を語るわけにはいきません。しかし、2日間飲んだ感じを書いてみると、

  1. 飲みやすい
  2. カラダが少し熱くなった感じで、パワーがみなぎる感じがある(飲んだ後1~2時間くらい)
  3. 朝起ちがちょっとパワフルになった(`・ω・´)キリッ

こんな感じでしょうか。最後のは育毛とは関係ありませんが(笑)でも、性欲減退するよりはよっぽどいいですよね。

そんな感じで、まずは3ヶ月間はじっくり飲んでいくことにします。

時々、評価&報告していきます。

今、あなたが、何もしないで抜け毛や薄毛について悩んでいるなら、まだボーボーではないけど一歩進むことに決めた僕からアドバイスさせて下さい。

迷って、何もしないで後悔はしないで下さい。そして、1日でも早く対策を始めましょう!育毛の結果はすぐには出ません。そして、何もしないで薄毛・抜け毛は改善しません。

すぐに始めることがあなたに、まず出来る薄毛・抜け毛対策の第一歩です。

ボストン公式通販エスロッソへ