成長因子とは

【成長因子】を配合している育毛剤

モンゴ流Deeper3Dスカルプエッセンス

いったい成長因子って何なの?

ども、「袋小路ざびえる」です。

まず、成長因子と聞いて「あぁ、あれのことね。」とすぐに説明できる人はほとんど研究とかに携わっている人以外はいないんじゃないでしょうか。

ということで、一緒に成長因子とは何なのかチェックしていきましょう。

成長因子は、人体のさまざまな器官の細胞が分泌しています。成長因子は細胞に対する多くの機能を持っていますが、最も重要な機能は細胞の活性化と細胞分裂の促進です。
引用元:アンチエイジング辞典

因子は細胞分裂を活発にし、新しい細胞が次々に生まれるようにはたらきかけ、新陳代謝をアップさせます。
引用元:CoCoRoプラセンタ

どうやら、細胞を活発にし活性化してくれるもののようです。

人成長ホルモンを活性化してくれる

近年の研究で、加齢と共に減少していく人成長ホルモンを活性化する物質があることが分かっています。「成長因子(グロスファクター/GF:Growth factor)」や「増殖因子(細胞増殖因子)」と呼ばれる物質で、細胞の成長を促進します。身体の細胞の種類によって成長因子の働きは異なり、お肌をみずみずしく保つ成長因子があることなども分かっています。
引用元:マイナビニュース

▶ 「人成長ホルモン」とは・・・

ヒトのカラダのすべてのもの、細胞や皮膚、骨、筋肉などの成長や活動に働きかけます。そのことによって、カラダの機能を正常に保つために様々な事を調整してくれるとても大切なホルモンです。このホルモンは、思春期のころに分泌量が最大になり、20代の終わり頃から勢いを増して減っていきます。この結果、老化現象と言われるものが次々と起こって来るのです。

つまり、カラダを若く保ってくれる大事なホルモンが減っていくのを食い止めて活性化してくれるもののようですね。これは大事です。

細胞学的・生理学的にいうともっと違った言い方になるんでしょうけど、ここではこれで良しとします(笑)

そして、この成長因子というのはたくさんの種類があるようです。一部引用で紹介すると、

EGF 上皮成長因子
表皮幹細胞に表皮細胞増産のシグナルを出し、ターンオーバーを促進、シミ、くすみを改善します。

FGF(aFGF) 維芽細胞成長因子
真皮幹細胞に肌細胞の増殖を促します。線維芽細胞に、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、SOD等の増産シグナルを出し、創傷治癒、シワ改善、美白効果をもたらします。

FGF2(bFGF) 塩基性線維芽細胞増殖因子
血管、皮膚、筋肉などの細胞に作用し、細胞の分化、増殖を制御します。

FGF7(KGF) 毛母細胞成長因子・発毛促進因子
毛母幹細胞に働きかけ、発毛、増毛効果があります。

IGF インスリン様成長因子
破損している細胞の再生ををサポートします。新しい皮膚を再生し、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成を促進します。それによって、シワの解消や予防しハリや弾力を再生します。

TGF トランスフォーミング成長因子
抗炎症効果等があり、敏感肌の改善効果があります。

NGF 神経成長因子
神経細胞の増殖に影響を及ぼします。

VEGF 血管内皮細胞増殖因子
新生血管を形成するための大きな役割を果します。

HGF 肝細胞増殖因子
肌組織においては細胞増殖促進、細胞運動促進、抗アポトーシス、形態形成誘導、血管新生など組織再生に関わります。

PDGF 血小板由来成長因子
細胞線維芽細胞の増殖を促進します。
引用元:アンチエイジング辞典

他にも調べるといろいろな種類が見つかります。

育毛剤にはどんな成長因子が使われているの?その育毛効果は?

そんな優秀な成長因子ですが、育毛剤の世界ではどんなものが使われているのか気になるところですね。

ここでは、今、袋小路ざびえるおすすめのDeeper3Dに配合されている成長因子とその育毛効果について説明していきましょう。

プラセンタエキス(馬プラセンタ)

馬の胎盤から抽出されたエキス。

プラセンタに豊富に含まれているタンパク質、アミノ酸、糖質、ビタミン、ミネラル等が細胞成形の材料になり、毛根機能を高め、脱毛を予防、健康な毛髪を育てる。
一般的には豚のプラセンタが普及しているが、馬プラセンタの方が高品質で豚プラセンタと比べ、アミノ酸の含有量が約300倍多いことで知られている。

Deeper®シリーズには、300年以上かけて交配され淘汰を繰り返した北海道産サラブレットの胎盤のみを配合。
引用元:Deeper3D

ヒトオリゴペプチド-5(KGF/FGF-7) ― 発毛促進因子 ―

ノーベル生理学・医学賞受賞で脚光を浴びたiPS細胞で有名な再生医療。
その中でも、毛髪再生医療の最新治療に活かされている成分がKGF(FGF-7/ヒトオリゴペプチド-5)別名:発毛促進因子。

KGFは体内で作られる成分で、細胞の活性を高める事で毛髪の成長を促す。加齢やその他の原因により、体内のKGF産生能力が衰えると、毛母細胞の成長が衰え、発毛不全・抜け毛・薄毛に至る事が判明している。
KGFを頭皮に注入する事によって細胞の成長を促す治療方法が最も効果的である。
引用元:Deeper3D

合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31(IGF) ― インスリン様成長因子 ―

1987年、血中のインスリン様成長因子-I(IGF-I)が上昇すると、多毛症になることが判明した。
IGFには細胞の活動を活性化する働きがあり、毛母細胞や毛乳頭の維持・増殖に作用し、発毛機能を促進させる。

KGFと同じ、成長因子の1つで、再生治療でも使用される貴重な成分として有名である。
引用元:Deeper3D

水溶性プロテオグリカン

細胞と細胞の間を埋めている細胞外マトリックスに存在するプロテオグリカン。
今までは、高濃度で抽出することが難しく、1g3000万円という破格であった。しかし研究の結果、サケの鼻軟骨から高純度のプロテオグリカンを大量に抽出することに成功。(特許出願中:2011-066332)

Deeper®シリーズに配合されているプロテオグリカンは一般に取り扱われているプロテオグリカンより有用成分を豊富に含む。プロテオグリカンは、成長因子様作用があり、細胞の成長と増殖に関与し、頭皮の新陳代謝を促し、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出し頭皮を柔軟に保つ。

Deeper®シリーズは特許技術を用いて抽出されたプロテオグリカンを含む「世界初」そして「唯一無二」の頭皮美容液である。
引用元:Deeper3D

オクタペプチド-2 (プロヘアリンβ4)

バルジ領域を活性化し毛包幹細胞を生成するように働きかける。(毛包幹細胞=髪の種)
毛包幹細胞が毛母細胞となり、細胞分裂を繰り返すことで毛髪になる。

シンプルなアミノ酸構造であるため、生体内で代謝されやすく、安全性だけではなく安定性、持続性に優れるという特徴がある。
また、バルジ領域には毛包幹細胞だけでなく、毛髪の色素(メラノサイト)を生み出す色素幹細胞も同居しているため、バルジ領域を活性化すると、白髪を防ぐ効果も期待できる。
引用元:Deeper3D

アセチルデカペプチド-3(リジュリン)

成長因子の活性部位に発想を得たFGF様合成ペプチドで、頭皮に潜伏する事で血流量の増加につながる、毛細血管の増殖作用と毛細血管の分化促進作用をもたらす。

その他に、線維芽細胞を活性化させる働きがありコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が生成され、頭皮の肌サイクルが整い、頭皮環境を健やかに導く。
引用元:Deeper3D

ヒトオリゴペプチド-13(FGF-1)

別名:線維芽細胞成長因子。
他のペプチド同様、人間の体内にある成長因子。

FGF-1は表皮の下にある「真皮」に浸透し、線維芽細胞の成長と増殖を強力にサポートする。

線維芽細胞の活性が高まると、真皮層はコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を最適な状態で保つことができ、ハリ・弾力・透明感・潤いを保ち、柔軟で若々しい頭皮を維持することが出来る。

また、単体でも知覚神経を刺激する作用があり毛髪の成長を促進する。
引用元:Deeper3D

加水分解アナツバメ巣エキス(燕の巣)(シアル酸)

アナツバメ巣エキスにはシアル酸が多く含まれている。

国内の大学院の教授らによって、シアル酸による神経刺激で毛髪の成長を促すたんぱく質の量が増加することが発表された。
半年間の実験で10人中5人にシアル酸の神経刺激によって、たんぱく質の増加がみられ、抜け毛の改善効果が確認された。

シアル酸には知覚神経を刺激する効果があり、知覚神経が刺激されるとIGF-1(成長因子)の産生が促進され毛髪の成長を促進する。

シアル酸はヒトの唾液にも含まれている成分で安全性や、効果に大きな期待が寄せられている成分であるが抽出方法が特殊なため、非常に高価である。
引用元:Deeper3D

化粧品などでの配合は以前から盛んに行われていて、成長因子の配合された化粧品は多く製品として販売されているようですが、育毛剤でこれほどの種類を配合しているものは僕はDeeer3D以外には知りませんね。

育毛剤の業界ではすごく話題になっている成分です。今後、育毛剤には、無くてはならない成分になっていくのではないでしょうか。

ぜひ使ってみたい成分です。

モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D育毛剤