ども、「袋小路ざびえる」です。このサイトを見ているあなたも、育毛に興味を持ちだした時は「AGAってなんだ?」と思ったことがあったことでしょう。僕も育毛に真剣に取り組む前には意味を知りませんでした。

ここで、AGAについて解説すると言っても、あちこちできちんと解説されています。

なので、きちんと説明されているサイトの解説を参考に、わかりやすく説明していくことにします。

AGA(エージーエー)とは、なんという意味ですか?

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。

成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。

一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。
引用元:AGA-news

女性の場合は、「Female AGA」とか「FAGA」と呼ぶそうですね。

AGA(エージーエー)は進行性

AGA(エージーエー)の人は全国で1,260万人*、そのうち気にかけている人は800万人、何らかのケアを行ったことのある人は650万人といわれています。AGA(エージーエー)は進行性です。何もせずにほうっておくと下記のグラフのように髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。そのためAGA(エージーエー)は早めのケアが大切です。
*20~69歳成人男性4200万人の約3人に1人

AGA5年間の毛髪量の変化

引用元:AGA-news

そうです、恐ろしいくらいゆっくりと、そして確実に進行します。何もしなければ今日より髪の多い日は二度と来ませんね。

AGA(エージーエー)の種類

AGA(エージーエー)の特徴は、その脱毛の進行パターンにあります。額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどさまざまな脱毛の進行パターンがあります。

AGA進行のパターン

引用元:AGA-news

自分がⅣだったことに驚愕(笑)

もっと多い脱毛症の種類

成人男性が最も多く悩んでいるタイプの脱毛症です。

先程も言いましたが、ゆっくり進行するし、円形脱毛症のようにごっそりと抜け落ちたりして絶望感を味わうことがないので、自力で自宅でどうにかしようとする人が多いのも特徴です。

しかし、その結果、もっと深刻な絶望感を味わう人も少なくありません。

男性ホルモンが関係

AGAにはの原因には、男性ホルモンのテストステロンや遺伝が関係していると考えられているようです。

テストステロン ⇒ 毛乳頭に入る ⇒ 5α-リダクターゼ(還元酵素)の作用を受けて、5倍も作用の強い活性型男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)の変換されます。

生まれつき還元酵素のりょうが多い人や活性が高い人は、AGAになりやすいといえるようです。

わからん(爆)

そして、

AGA(エージーエー)の脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細く短い髪の毛が多くなると全体としてうす毛が目立つようになります。

AGAの原因

引用元:AGA-news

ということになります。

AGAに負けない

薄毛になってしまい、全てがイヤになってしまう気持ち、分かります。

でも、ヤケを起こしてあきらめてしまっては、残された道は”ハゲ”のみです。

うぶ毛程度でも残っているなら育毛にチャレンジしませんか?

昔、僕が働いていた小さな会社の社長は「早くハゲたい!毛はいらん!」という珍しいタイプの人でした(笑)

あなたが、その社長のような人で無いなら、1日も早く育毛活動を始めましょう!

このサイトがそんなあなたのお役に立てればうれしいです。