年齢とともに髪の毛が薄くなる仕組み 解明

ども、「袋小路ざびえる」です。

近い将来、本当にボーボーしてくれる毛生え薬ができるかもしれない、というニュースが飛び込んできました。気になる内容をチェックしてみましょう。

鍵は細胞の生命維持に必要なコラーゲン「17型コラーゲン」

東京医科歯科大学の西村栄美教授らのグループ

東京医科歯科大学の西村栄美教授らのグループはマウスの体毛が加齢とともに薄くなることに着目し、そのメカニズムを詳しく知らべました。

細胞の生命維持に必要なコラーゲン「17型コラーゲン」

その結果、体毛を作り出す細胞は加齢とともに細胞の生命維持に必要なコラーゲン「17型コラーゲン」を自ら分解してしまうようになり死んでいくことがわかったということです。

17型コラーゲンが減らないように遺伝子を組み替えたマウスでは体毛が減るのを抑えられた

また、17型コラーゲンが減らないように遺伝子を組み替えたマウスでは体毛が減るのを抑えられたということです。

ヒトの髪の毛でも同じ仕組がある

研究グループでは、ヒトの髪の毛でも同じ仕組があることを確認しています。

東京医科歯科大学 西村栄美教授

東京医科歯科大学 西村栄美教授
「数年内に17型コラーゲンをはじめとする大事な分子に着目して治療薬になるようなものを探して、ヒトにおいても臨床試験ができるようにつなげていければと考えております。」

「17型コラーゲン」とは?

XVII型コラーゲン α1
XVII型コラーゲンα1(じゅうなながたコラーゲンアルファー1、英: Collagen, type XVII, alpha 1、XVII型コラーゲン、BP180、BPAG2)は、上皮組織の細胞結合の1つである半接着斑(ヘミデスモソーム)のタンパク質で、膜貫通タンパク質(transmembrane protein)の細胞接着分子である。

機能

半接着斑の安定した接着構造を構築し維持するのに重要である。
細胞内では、細胞膜裏打ちタンパク質のαアクチニンやジストニン(dystonin、BP230)に結合し、細胞骨格の1つ・ケラチン線維に結合する。
細胞外では、基底膜の細胞接着分子であるラミニン-332(ラミニン-5)と結合する。細胞外領域がアダム (ADAM:a disintegrin and metalloproteinase) で切断されると、接着装置である半接着斑が壊れ、角化細胞の接着が解離する。この解離・接着を繰り返せることが重要。

病気

XVII型コラーゲンは上皮組織が基底膜に接着する機能を担うので、遺伝子の変異や自己抗体で異常になると、皮膚病になる。

応用・特許

上記の病気の予防・診断・治療に関する医薬品や研究器材への応用が大いに期待できるが、有効な医薬品はまだ登場していない。日本の特許は2013年9月20日現在、1件出願されただけである。

引用元:Wikipedia「XVII型コラーゲン α1」

どんなことがわかって、どんなことに期待が持てるの?

この研究は、以下のことがわかり、今後期待されるようです。

  • 加齢による薄毛・脱毛の仕組みを明らかにされた。
  • 歳をとることで毛包幹細胞においてDNAのダメージが蓄積してくると、幹細胞維持に必要な蛋白質の分解がひきおこされ、毛包幹細胞が表皮角化細胞へと分化しながら皮膚表面へと移動して落屑していくため、毛包が小さくなり消失することが初めて示されました。
  • 幹細胞を中心とした組織・老化プログラムが存在することを示されました。
  • 加齢に伴う脱毛症のほか、加齢関連疾患の病態解明と新規治療法開発への応用が期待できるようです。

※この研究は文部科学省科学研究費補助金の支援のもとでおこなわれたもので、その研究成果は、国際科学誌Science(サイエンス)に、2016年2月5日号に発表されましたそうです。

高齢化社会を迎え、老化の仕組みと解明と加齢関連性の難治性疾患への対策は急務となっています。今回、加齢による薄毛脱毛の原因として、幹細胞を中心とした毛包の老化プログラムの存在が明らかとなり、その分子基盤が解明されました。また、加齢によるXVII型コラーゲンの枯渇を抑制することにより脱毛に効果があることを示しました。本研究成果は、老化の仕組みについて新しい視点を与えると同時に、脱毛症の治療法の開発やその他の加齢関連疾患の治療へと繋がることが期待できるものと考えられます。
引用元:東京医科歯科大学

毛包幹細胞の老化のしくみ

毛包幹細胞の老化
画像:東京医科歯科大学
毛を生み出す細胞を作り続ける > 老化 > 毛を作る能力が低下し、ふけや垢になる

まとめ

ここから先、実際に育毛剤・発毛剤として実用化されるまでがどれほど難しいことかはよくわかりませんが、できることならば、副作用のない安全なものができることを祈る次第です。

そして、安全に大至急で開発していただきたいものです(ˇ人ˇ。)